2018年6月

▶︎食べ歩記

背脂とゴマの濃厚スープに大満足!!  天領大手町本店で昼食に『天領元味(650円)』を食べた。

ワシは大の麺好き。 もう麺さえあればワシのジンセイはどーにかなると思っているフシがある(笑)。 世の中に対しては「一日一善」をモットーとしながら、 自分に対しては「1日1麺」を義務としたいぐらいだ。 ただし、ダイエットし…

▶︎紹介

【読書】アホに慣れて自分もアホになってしまわないように…「スタンフォード大学の教授が教える職場のアホと戦わない技術」(ロバート・I・サットン著・SBクリエイティブ)

タイトルからして衝撃的(笑) 暴言を吐くヤツ、仲間をいたぶるヤツ、卑劣なヤツ、人をこきおろすヤツ、他人をいじめて楽しむヤツ…こういうクソみたいなヤツらをひとことで言い表すなら…。 「アホ。」 そうだ。この言葉がふさわしい…

▶︎紹介

【読書】普通の人の4倍以上の仕事をこなして、2倍以上の自由時間を確保する「神・時間術」ー「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」(樺沢紫苑著・大和書房)

普通の人の4倍以上の仕事をこなして、2倍以上の自由時間を確保する「神・時間術」 精神科医であり作家の樺沢紫苑さんの神がかった時間術をまとめた本です。 毎日午前中は執筆時間で年3冊の本を出版 メルマガ、YouTube、Fa…

▶︎紹介

【読書】めんどくさがりやだからできた?「人生にゆとりを生み出す知の整理術」(pha・大和書房)

この本で伝えたいことはただ一つ。 「一生懸命、必死でがんばっているやつよりも、なんとなく楽しみながらやっているやつのほうが強い」 ということだ。 と本書の冒頭で語るのは、京大に現役合格、25歳で就職したけどできるだけ働き…

▶︎紹介

【永久保存決定】本棚に必ずあって、今日みたいな日にはじっくり読み返したい。「言葉を使いこなして人生を変える」(はあちゅう・大和書房)

昨年発売された時に、即買ったのだけれど。 なんだかもったいなくて、本棚の飾りになっていた。 陽射しがガンガン照りつけるような日よりは、梅雨でシトシト雨が降ってる少し薄暗い午後が似合う気がして。 本棚から「今日、読む?」っ…

▶︎紹介

【読書】仕事に必要なスキルは、議事録で身につく!!「もうできちゃったの!?と周囲も驚く先回り仕事術」(新井健一・ダイヤモンド社)

調べながら仕事をしているから、時間がかかって仕方ない 急に仕事を頼まれたから、残業するしかない 会議が毎回同じ話ばかりで、話が進まない 前にやった仕事を、次の仕事に活かせない 今何をやっているかよくわからない こうした悩…