【振り返り】2018年8月に読んだ本。

2013年から「メディアマーカー」で、読んだ本を記録しています。

この5年8ヶ月でどのぐらいの本を読んだのか見てみました。

【年別読了数】

  年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 合 計
読了冊数  58冊  56冊  84冊  67冊  63冊  56冊 328冊

 

1ヶ月平均4.8冊か。
1年間で120冊を目標としたこともありましたが、なかなかどーして。。。遠く及びません。

我がジンセイの残された時間を考えると、あと何冊の本を読めるのだろうか、などと、

ときおり東の空を遠く見つめながら、たそがれてたりしますな。

そもそもインプットの割に、アウトプットが圧倒的に少ないですからね(-ω`-〃)トホホ。

とりあえず、2018年8月に読んだ本、11冊の簡単な振り返りを(笑)。

【振り返り】2018年8月に読んだ本はこれだっっ!!

子ども食堂をつくろう! ── 人がつながる地域の居場所づくり

全国各地でオープンが相次ぐ子ども食堂。最大の魅力は、思いさえあれば、誰でも気軽に自分の地域で始められるということ。この本では、立ち上げ準備から運営のコツまで、先輩子ども食堂の体験談を交えながら紹介。地域で子どもを見守ることの意味について考える。(Amazon内容紹介より)

「居場所」づくり。子ども大人もお年寄りも、障がい者も。「子ども」食堂でなくてもいろんな居場所が必要です。
それが地域づくりへとつながるんじゃないでしょうか。

「変われない自分」を一瞬で変える本 ~いちばんカンタンな潜在意識のあやつり方~

◆願望を実現させる、潜在意識の活用方法! ◆

「強く願っても、いつまでも変われない……」
こうして願っているだけでは、その思いはなかなか実現されません。

しかし、潜在意識をあやつることができれば、一瞬で自分を変え、願望を実現することが可能になります。

潜在意識の専門家で、世界で唯一のジョセフ・マーフィー・トラスト公認グランドマスターである著者が本当に伝えたい、
自分を変え、願いをかなえる潜在意識活用の鍵、それが
願いを自動的に実現させ、自分を劇的に変える「知識の貯蔵庫」 です。

・なぜ「引き寄せの法則」で、あなたの願いが実現しないのか?
・「知識の貯蔵庫」はあなたを変える
・不安を取り除くには何をすればいいか?
・「過去の解釈」を変えれば、未来が変わる
・潜在意識をクリーニングする8つの要素
・手に入れたい目標は「エゴ」でいい
・捨てるべき「7つの思考ぐせ」
・好奇心は「潜在意識」のエネルギー源
・大富豪たちが最もお金を投資する2つのこと

本書は、自分を変えるためにやってはいけないこと、
やるべきことを網羅する「知識の貯蔵庫」の実用マニュアルです。(Amazon内容紹介より)

捨てる。 引き算する勇気

デスクの両脇に書類を積んでいる人に仕事のできる人はいない! 「断捨離のカリスマ」による、はじめての本格的ビジネス書。
モノが増え、仕事が遅れる元凶は、<先送り><何かあったら><もったいない>と思うこと。この余計な思いが、仕事の詰まりを生むのだ。
・デスクの上には進行中の仕事の書類だけを置く
・書類は基本的に読み終えた瞬間に捨てる
・財布は最も身近な情報の断捨離
・名刺をとっておく意味はない
・捨てる対象は、「使用頻度・価値・感情」で判断する
・捨てられないモノに目を向けると自分がわかる……
「よけいなもの」を捨てたとき、自分の個性と強さが残る! 仕事と人生を根底から変える一冊。(Amazon内容紹介より)

もうね…ワタシのデスクは上も引き出しもグチャグチャ…。
アタマの中もそうなっちゃいますよね。
これ読んで、片付けてスッキリ仕事をしたいのだ。

社内評価の強化書: 上司の“評価エラー”を逆手に取る出世の法則

あなたは、思っている以上に
自分の社内評価をコントロールできる――。
本当に?そう思うかもしれませんが、事実です。
そのためには、まず上司が陥りがちな「評価エラー」を知ること。
そこに、あなたの評価を下げないための、あるいは
あなたの評価を上げるための重要なポイントがあるのです。――著者

エラー(1)ハロー効果――なぜ、あの人は“実力以上”に評価されるのか?
エラー(2)遠近誤差――上司は「終わりよければ……」で判断を下す
エラー(3)寛大化傾向――みんな、上司にかわいがられて出世する
エラー(4)対比誤差――わが社の「隠れた評価基準」を見つけよ
エラー(5)論理誤差――あなたは職場で「誤解」されていないか?

「できる人」と「認められる人」は何が違うのか?
独立系人事・教育コンサルティング会社の超プロが教える、出世する社員の「新ルール」!(Amazon内容紹介より)

なるほど!!上司が読んでも部下が読んでも納得の一冊ですね。

これからの時代のお金に強い人、弱い人

【時代・環境の変化に関係なく、永久不変の「お金」が増える習慣】

仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテック、AI、評価経済……。

新しい経済システムが急速に進んでおり、それはさらに加速していきます。

もちろん、このような時代や環境の変化に合わせて、対応していくことは求められますが、

その一方で、どんなに時代や環境が変わっても、変わることのない「お金」に強い人の習慣が存在します。

そんな【お金の不変のルール】を、「マインド」「習慣」「学び」「行動」から21のキーワードで提示したのが本書です。

また、特別コンテンツとして、世界三大投資家として知られるジム・ロジャーズのシークレット・インタビューを完全収録。

印僑大富豪として知られる著者と世界トップ投資家に共通して提言するお金に強くなるための絶対法則が満載です。

変えたほうがいいこと、変わらないもの。

これからの時代、あなたはお金に強くなれるのか?お金に弱いままなのか?

それは、本書に詰まった重要エッセンスをマスターするかどうかで決まります。(Amazon内容紹介より)

【主要目次】
第1章:「マインド」を変える――「貯まらない」が変わる
第2章:「習慣」を変える――「お金がない」が変わる
第3章:「学び」を変える――「わからない」が変わる
第4章:「行動」を変える――「できない」が変わる

おカネ…弱いんですよ、ええ。
強くなりたいのですよ、少しでもね。

成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!

「たかが、1分で人生が変わるはずがない」
「1分で夢が叶うなんて、詐欺の言葉だ」
「1分なんて短い時間では何もできっこない」と思っているあなた。

でも、そのたかが1分で、どれほどのことが達成できて、どれほどの夢が叶うのか、知りたくありませんか?

「朝1分」で人生が変わるとしたら、あなたは何を叶えたいですか?(Amazon内容紹介より)

【目次】
はじめに

第1章 「朝1分の習慣」で本当に夢は叶う
・夢を叶えるのに年齢は関係ない
・夢実現セミナーの多くの嘘とは
・叶うのは夢ではなく願望
・夜見る夢は覚めるが、昼間見る夢は覚めない
・朝型になったら私の人生が急激に変わり出した
・朝とは人によって定義が違う
・あなたは自分をどう変えたいですか?
・私は最初の本を出す時に、朝3時に起きて執筆した
・多くの夢実現本で夢が叶わないわけは?
・「朝1分」を1週間続けると物足りなくなる

第2章 本当に叶えたい夢を導き出そう
・夢実現に期限を設けない
・夢より強いあなたの願望は?
・なりたくない自分を導き出す
・なりたい自分を導き出す
・毎朝夢にコンタクトを取ろう
・行動する時に不安を抱えたらすること
・車のナビゲーション型の夢の実現法
・3年後の自分に会って夢の確認

第3章 今日から朝型人間になる
・夜型人間の私は、こうして朝型人間に変わった
・低血圧で朝起きられないのは嘘
・夜型と朝型の両方経験した私の結論
・朝の人脈は夜の人脈の数倍質がいい
・夜の仕事を朝に回すと効率が上がる
・早く寝れば早く起きれる、これは絶対の真実
・朝型になるだけで仕事が数倍はかどる
・朝を制するものが人生を制する

第4章 「容姿を磨く」1分の習慣術
・ストレッチで体をほぐしながら体に感謝する
・朝筋トレで体幹とボディラインを整える
・朝外に出て新鮮な空気に触れる
・対人力を上げるために鏡に向かって笑顔の練習をする
・一人プレゼン練習で表現力と影響力をアップ
・効果的な自己紹介の練習をする
・消化がよくエネルギーに瞬時に変わるフルーツを食べる

第5章 「発想力を鍛える」1分の習慣術
・理想の自分のイメージ像に成りきってみる
・今日1日のビジネスの成功をイメージする
・仕事のアイディアを1つ考える
・現状を打開する魔法の質問を脳にしてみる
・グローバル社会に対応する英会話力を身に着ける
・ビジネスにつながる専門書を1ページ読む
・他人の成功ビジネスモデルをバーチャルで体験する
・瞑想や座禅をして直観力を磨く

第6章 「実行力を鍛える」1分の習慣術
・偉人の格言を読み成功する人間力を付ける
・四文字熟語で本質的な心の強さをゲット
・昨日の反省をして今日に活かす
・手帳を見直しスケジュールチェック
・自分の強みを発信するブログやSNSを書く
・時間を有効に使う仕事の段取りを考える・今日やるべきことを書き出す……
・将来達成したい目標に階段を付ける

第7章 1日を最大限活用する、時間管理法
・朝型の自分になると1日が効率的になる
・隙間時間を使ってタスクをこなすスケジューリングをする
・時間に仕事をアジャストする
・時間に追われる発想から時間を追う発想へチェンジ
・待ち合わせで相手が遅れて来たら仕事時間をゲットしたと考える
・決断を早めれば、結果は数倍になる
・待ち合わせに早めに行き朝のタスクをこなす
・1年で4年の結果を出す時間管理法
・1分で決断すると数倍結果が出る

おわりに

たかが1分、されど1分。
1分おそるべし、です!!

QUEST 結果を勝ち取る力

雑念を振り払い、竜だけを倒せ。
決めたことを絶対やりきる“鋼の意思”作成ガイド

思考の贅肉を落とし、本当の実力を出そう。

行動の大半は周囲の刺激や、無益な習慣に流されている。
どうすれば自分が計画したとおりに自分を行動させることができるのか。
どうすればたった今“やるべきこと”に、自分の行動を集中させることができるのか。
その方法を教えます。

行動を仕組み化すれば、
-意志の力に頼らず、最高のパフォーマンスを維持できる。
−得たい「結果」を思い通りに手に入れられる。(Amazon内容紹介より)

ほぼ日手帳公式ガイドブック2019

世界で78万人が愛用する「ほぼ日手帳」の
すべてがわかる公式ガイドブック。

人それぞれ違う自由でたのしい使い方や
約90種類から最新の手帳カバー情報をたっぷりと紹介します!

「来年の手帳は、どれにしようかな?」
「何を書いて、どうやって使おうかな?」
「もっとたのしい使い方はないかな?」‥‥と、
あたらしい手帳を使うのがわくわくするような
たくさんの読み物や情報がつまった一冊です。

■特集:THIS IS MY LIFE
モーニング娘。’18・加賀楓さん、声優・中村悠一さん、
作家・藤井太洋さんをはじめ、みなさんの使い方をご紹介!

■「ほぼ日手帳2019」全ラインナップ紹介
オリジナル、カズン、weeksなど最新カバー全種類を一覧に。
デザインのポイントや制作秘話などを読めるコラムも掲載。

■ほぼ日手帳2019本体解説!
ほぼ日手帳の特徴は? 最新版ではどこが変わった?などが
ひと目でわかる解説ページ。

■ほぼ日手帳写真館
日本全国、そして海外のユーザーのみなさんの手帳の中身を
大きなサイズで掲載。見応えたっぷりです!

■5年手帳の1年目。
昨年あたらしく加わった仲間「ほぼ日5年手帳」の
みなさんの使い方やエピソードを集めました。

■ほぼ日手帳18年の歴史
ほぼ日手帳の黎明期を、いくつかの「証言」で振り返ります。

■ほぼ日手帳と使いたい! 筆記具大図鑑
ほぼ日手帳と相性のいい筆記具、厳選24本を
実物サイズのペン先写真や、試し書き写真とともに比較。

■マンガ・和田ラヂヲの手帳ガイド
■浅生鴨のほぼ日手帳短編小説
■糸井重里インタビュー「コンパスの針をおろす場所に、ほぼ日手帳がある。」
…etc.(Amazon内容紹介より)

思えばワタシは、2013年に「ほぼ日手帳 カズン」を初めて手にしました。
その翌年は「オリジナル」に。
2015年から少し浮気して「自分手帳」とかいろいろ試してきましたが、また「ほぼ日」に戻ってきました。

50代からのちょっとエゴな生き方

●「50代の特権」そろそろ、心配事を手放し、自分を大切にしていい

50代になると、40代までは見えなかった現実が目の前にうかび上がってきます。
仕事、お金、人間関係、健康、このままでいいのか−−。

避けられない多くの問題に直面し、心配事やストレスを抱えている人が多くいます。
一方、幸せで、満ち足りた日々を過ごしているさっそうとした人も多くいます。

後者は前者よりも、少しだけ自分のエゴを通して、自分を大切にしています。
エゴを出すことは、50代に与えられた特権です。
この特権をうまく使いこなすことで、人生はずっと楽になるのです。

●「無常」を意識し“ちょっとエゴに生きる”と楽になる

あなたは今まで、力の限り頑張ってきました。
家族やパートナーのため、会社のために
あなたは身を粉にして貢献してきました。

そんなあなたには、そろそろ自分を大切にして、人生を楽しみながら生きる権利があります。

ちょっと自分本位に生きても、誰も文句は言えません。
嫌なことをやめて、少しわがままに生きる権利が、50代にはあるのです。

本書では、他者に迷惑をかけず、幸せに、ちょっとエゴに生きるための勘所をご紹介しています。

●大好評のシリーズ最新刊!
お金、人間関係、仕事、健康の心配事がどんどん小さくなっていく

20代、30代、40代と年代別に『やるべきこと、やってはいけないこと』
という内容で好評のシリーズを書いてきた著者。

今回は50代の方々に向けた本で、これまで書いた本の中でも最も気持ちを込めて書かれています。

50代は、「人生はいつも死と隣り合わせである」という“無常”を意識しながら生き始める重要な時期だからです。

仕事、お金、人間関係、知識と教養、品格、健康。
50代では“何をやればいいのか、何をやってはいけないのか”が本書では紹介されています。

「全体を愛することは、自分を愛することである」
「理性の最後の一歩は、
理性を超えるものが無数にあるということを認めることだ」

数学者で哲学者のパスカルは、こう言っています。
気を楽にして、今より“ちょっと自分本位”に生きて、自分を大切にすることで、自分にも周りにもいい効果が生まれるのです。(Amazon内容紹介より)

●本書の内容
【第1章 仕事】役割を変えて評価され、ストレスを手放していく
【第2章 お金】お金の不安を消すために、”自分の感情”に投資してあげる
【第3章 人】距離感をコントロールして「人間関係」をシンプルにする
【第4章 学び】最大のリスク管理は「知性」と「教養」を磨くこと
【第5章 品格】「魅力の差」は”扱いの違い”になって表れる
【第6章 健康】ストイックさ不要の「疲れにくく、病気にならない体」づくり

ワタシも残りのジンセイが見えてきた50代です。
このままでいーのか!! ┣¨━m9(◓皿◓)━ン!

変化できる人 人は誰でも、何歳でも変わることができる

「変化できる人」とは、思考が柔軟で自分に自信があり、物事の決断や取り組みが速い人です。AIやブロックチェーンで仕事も価値観も激変する時代においても、必ず生き残れます。これは年齢や性別は関係ありません。あくまでもその人が変化したいと思い、チャレンジできるかによります。

一方、「変化しない人」はこれまでのやり方に固執し、新しい挑戦を拒みます。幸いにして今までの時代では生きていけましたが、これから先は難しいでしょう。

そして「変化できる人」になるのは、実は難しいことではありません。変われない、自信が無いと思い込んでいるとしたら、それは単なるクセです。

本書は、そんな残念なリミッターをはずして、あなたが変わるための極めて具体的な一冊です。
飛び越えるべきハードルはとても低いです。ぜひ軽い気持ちで実践して、変化し、成長していくご自身を楽しんでください。(Amazon内容紹介より)

目次

はじめに 「変化できる人」は一生困らない
    AI、ロボット、ブロックチェーンが仕事をなくす
    「変化しない人」は、最初に仕事がなくなる
    「変化できる人」は、何が起きても困らない
    「変化できる人」は、人間関係もうまくいく
    「変化できる人」は、年齢、性別によらない

第1章 「変化できる人」とは
    自分のやり方に過度のこだわりを持たない
    人の意見に無駄な抵抗をしない
    新しいこと、前と違うことを気にしない
    細かいことに目くじらを立てない
    いつまでもくよくよしない
    「自分」を持っている
    あれこれ迷わず、さっさと動く
    技術の発展やニュースを楽しむ
    納得できなくても、やってみる

第2章 「思いこみ」を捨てる
    「変われない」という思いこみ
    「自信がない」という思いこみ
    「勇気がない」という思いこみ
    「自分の柄ではない」という思いこみ

第3章 将来のことは、誰にもわからない
    わからなくてもいいと割りきる
    わかろうとする努力は必要
    「いつか」は気にせず、大まかな方向をつかむ
    おおよそで「いつか」をつかむ
    情報感度を上げると将来が見えてくる
    何となく思うことはだいたい正しい

第4章 変化できると、対応力が上がる
    人より先に変化せよ
    変化することが大切
    変化していれば、いい方向に向かう
    変化することで、コツがつかめる

第5章 変わることを恐れる本当の理由
    「変化できない」に大した理由はない
    「ただの癖」でたまたまやっているだけ
    「どうせ」「私なんか」という口癖をやめる
    変化を恐れるのは「ただの癖」
    過去の失敗にとらわれない

第6章 変化するための「魔法の言葉」
    癖をなくす方法とは
    「振り子を一回大きく振ってみよう」
    「百歩譲ってやってみよう」
    「騙されたと思ってやってみよう」
    「だめ元だと思ってやってみよう」
    「月曜・火曜だけやってみよう」
    「午前中だけやってみよう」
    「誰にも頼れないと思ってやってみよう」
    「誰かのためにと思ってやってみよう」
    「相手に負けるわけではないと思ってやってみよう」
    「いいと思わなくてもやってみよう」
    「すぐやめればいいと思ってやってみよう」
    「いつでも戻せると思ってやってみよう」
    「しゃくに障るけど、やってみよう」

第7章 変えてみれば、よさがわかる
    やってみるからよさがわかる
    自分に向いている方法はいくらでもある
    やってみないと気づかない
    勝ち負けの発想をやめる

第8章 仲間がいれば、変わりやすい
    変わるにはきっかけが必要
    変化するのが得意な人、好きな人
    得意な人から刺激を受ける
    刺激し合える仲間を募る
    自分だけで解決しなくていい

第9章 くじけない
    三日坊主を恐れない
    準備しないでいい
    途中でやめてもいい
    何度も修正していい

第10章 変化を加速させる
    PDCAを何度も回す
    日々、変化を加速させる
    好循環を自分で仕込み、生み出す

おわりに 「変化できる人」は、何をやっても楽しい
    “たまたま”してみることで明暗を分ける
    変化の決め手は柔軟さ
    好奇心が鍵
    やってみることが楽しい
    心の迷いをなくす方法
    変化できると自信が湧く

付録1:迷いをなくす『ゼロ秒思考』のA4メモ書き方法
付録2:選択肢を明確にして迷いをなくすオプション作成方法
付録3:15分で視野が広がり柔軟性が上がるロールプレイング
付録4:人への接し方の改善で、実は自分が大きく変化できる
    ポジティブフィードバック
付録5:聞き方を改善すると変化が加速し、味方も増えるアクティブリスニング

そーです!!

「自分は変われない」ってのは思い込み。
誰でも変われるんですっ! ┣¨━m9(◓皿◓)━ン!

オックスフォード大学MBAが教える 人生を変える勉強法

◇◇◇ 大前研一氏推賞 ◇◇◇
私の「企業参謀」が動機となって一念発起した、という著者の自伝は「アンビ ションと上昇志向」の発想と行動力があれば結果を生み出せる、というお手本だ。
若い人たちに感動と希望を与える本書を是非読んでもらいたい。

【 高校中退のチンピラが名門大学院へ 】
独学勉強法で再チャレンジ!
高校中退後、日雇い派遣、路上スカウト、夜の仕事などを転々とし荒んだ生活を送るが、ふとしたことがきっかけで人生が一変。
中学生以下のレベルの英語力から海外留学、カリフォルニア大学での「知」の授業、オックスフォード大学のリーダーシップ教育から学んだ戦略的思考法のフレームワークを明かす――

――――――――――――――――――――――――――――――――――
挫折・失敗から「知」を得て再起する

私のように若い頃に挫折をしてしまった人はもちろんのこと、
勉学に励んでいる人、何か新しいことに挑戦したい人、
目標に向かって努力している人、
努力しているのになかなか結果が出ない人……
そのような方々に勇気を与えることができればこれ以上ない幸せです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
(Amazon内容紹介より)

この著者、ほんと(*゚o゚)ノ⌒☆スゴイッ!!

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link