【読書】普通の人の4倍以上の仕事をこなして、2倍以上の自由時間を確保する「神・時間術」ー「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」(樺沢紫苑著・大和書房)

普通の人の4倍以上の仕事をこなして、2倍以上の自由時間を確保する「神・時間術」

精神科医であり作家の樺沢紫苑さんの神がかった時間術をまとめた本です。

  • 毎日午前中は執筆時間で年3冊の本を出版
  • メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを毎日更新
  • 月6回の病院診療
  • 月20冊以上の読書と書評を公開
  • 月2、3回のセミナー、講演活動

このスケジュールを7年間継続しているというから驚きです。

これだけじゃない…

なんと、ですよ。

いきますよ。

  • 週4、5回のジム通い
  • 週2本の映画鑑賞
  • 月15回以上の夜の会食、パーティ、イベント。話題のレストランやバーめぐり
  • 年100種類以上のウイスキーのテイスティング
  • 年30日以上の海外旅行

ありえません(笑)

すごすぎです。

これだけのことをして、毎日7時間以上寝ているというから、まさに「神ががっている」!

そんな樺沢さんも、以前、精神科医として病院に勤める勤務医時代は、帰宅は11時過ぎ。1日14時間労働で地獄のような多忙な日々を送っていたそうで、ある日突然強い耳鳴りで片耳が聞こえなくなるストレスが原因の病気になったそう。

このままでは仕事に追われて殺されてしまうという思いから、時間配分や使い方を徹底的に見直し、「生きかたを変え」たとのこと。

普通の人の4倍以上の仕事をこなして、2倍以上の自由時間を確保する「神・時間術」を編み出したのです。

本書では、ただ単に樺沢さんの体験の紹介にとどまらず、最新の脳科学や心理学研究の成果も取り入れて体系化された時間術を、余すところなく徹底的に紹介してくれています。

帯に「あなたの24時間を科学的に2倍にする」と書かれていて、最初は「うさんくさい」と思いましたが(笑)、いやはやとんでもない。

書かれていることを実践したら、間違いなくそうなりますね。

特に参考になったこと

朝のゴールデンタイムを活かす

朝起きた直後の脳は、片付けられて何も載っていないまっさらな机のような状態。

なので、広々と作業スペースを使えて、仕事の効率も抜群にはかどる。

この「脳のゴールデンタイム」には、クオリティの高い文章を書いたり、理論的な仕事、語学学習、難しい書類を読んだり書いたりする高度な注意力や集中力を必要とする仕事をすべき。

このゴールデンタイムに、メールチェックや返信などに費やすのは無駄の極み。

具体的には、まず作業開始時に、その日1日のToDoリスト(やるべきことリスト)を書く。

それをどのような順番でこなしていくのか。

もっとも集中力を要する仕事に☆マークを付ける。その仕事は午前中に優先的に処理する。

集中力を要する重たい仕事をゴールデンタイムにすることによって、その日の仕事の終了時間が2時間ほど短縮できる可能性があるとのこと!

集中力の高い時間に集中力の必要な仕事をすることによって時間効率を高めるということですね。

午後の仕事術

①退社時間を決める

午後4時を過ぎると、脳が締め切りを意識してラストスパートをかけるため、再び集中力が高まってくる。

自分なりに○○時に帰ると決めて、その時間には仕事を終わらせて必ず帰るという習慣を作る。

「仕事が終わらなければ残業すればいい」と最初から考えていると、いつまでたっても集中力が高まらないため、効率が上がらず無意識にダラダラと仕事をしてしまう。

②ケツカッチン仕事術

○○時までに仕事を終わらせる、と決めてもなかなか守れない場合は、あらかじめその後に絶対に変更できない予定を入れてしまう

例えば、映画のチケットを買うとかして、それに行かなければお金が無駄になるなど。

寝る前2時間で人生は決まる

ぐっすり眠ることで翌朝に100パーセントの状態に集中力を回復することができる。

睡眠不足は集中力の最大の敵。

どうすればぐっすりと深い眠りが手に入るか。

それは寝る前2時間の生活習慣で決まる。

①寝る前2時間にやってはいけないこと

  • 食事
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 熱い風呂
  • 視覚系娯楽(ゲームや映画など)
  • 光るもの(スマホ、パソコン、テレビなど)を見る

②寝る前2時間にやった方がいいこと

ゆったりとした時間、リラックスした時間を持つこと

  • 音楽や非視覚系娯楽(音楽やアロマなど)でのんびりする
  • 家族とコミュニケーションをとる
  • ペットとたわむれる
  • 体をリラックスさせる軽い運動やストレッチ
  • 熱すぎない入浴
  • 読書

仕事を頑張るためにも、この寝る前の2時間のリラックスは大切。

遅くまで残業すると、この2時間が取れずに体が100パーセント回復できない。

言い換えると、残業することは仕事を頑張っているのではなく、仕事を怠けているのと同じといえる。

寝る前15分は記憶のゴールデンタイム

寝る前15分に記憶したことは、1日の中で最も記憶に残りやすい。

寝る前に、今日あった苦しかったことや嫌なこと、失敗したことなどを思い出し、「こうすればよかった」「ああすればよかった」などと後悔の気持ちで眠りに入ると、それが強烈に記憶されてしまい、次の日になっても嫌な気持ちのまま出社し、失敗体験からいつまでたっても抜け出せなくなってしまう。

例えば、寝る前に「今日あった楽しかった出来事を一つ思い出す」ようにするといい。

ほんの一部を紹介しました。

この他にも、超具体的な時間術が盛りだくさん。

おススメです。

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link

よろしければシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です