【レビュー】「こいつできる!と思われるいまどきの『段取り』」(野田宜成著)を読んだ。

2016-08-14_065208897_911C4_iOS

 

【レビュー】「こいつできる!と思われるいまどきの『段取り』」(野田宜成著)を読んだ。

 

仕事をうまく進めていく上で欠かせないことの一つに「段取り」があります。

大辞林 第三版より
だんどり【段取り】

( 名 ) スル
①〔② の意から〕 事を運ぶための順序。事がうまく運ぶように,前もって手順をととのえること。手はず。 「 -をつける」 「うまく-する」
②芝居・小説などで,筋の運び。

例えば小さなものでも大きなものでも、プロジェクトを任されたりすると、段取りの仕方一つでそのプロジェクトがうまくいくかどうかが決まってきたりします。
よく、新しく入った新入社員が2年目の先輩と一緒に会社の花見を担当させられたりしますが、それは著者の野田さん曰く、「プロジェクト能力が高いかどうかを見極める判断材料になるぐらい、プロジェクト運営のノウハウが、花見には詰まってい」るからなのです。

料理上手な方も段取り上手ですよね。
先を見据えてどの順番でどういった手順ですればゴールまで最短で効率よくできるのかがわかっているからテキパキと料理ができるのでしょう。

言われたままに作業を進めていく場合でも、
「段取り悪いなぁ…。もう少しここをこうしたらいいのに…」なんて思うことありませんか?

もし自分が指示する立場になって、そんな風に思われたくないですよね。

段取り上手になりたい!!ってあなたにオススメの本です。

 

 

ここが参考になりました!!

 

2016-08-14_065228245_5FB8D_iOS

 

今回は本書の第6章「『報連相』の段取りでコミュニケーション力アップ──報告・連絡・相談・メール」から一部ご紹介します。

 

報連相(ホウレンソウ)は5W1Hで段取る

 

ビジネスパーソンの基礎中の基礎である報連相。
絶対に私はできている!!って自信のある方はどれぐらいいるんでしょうね…。
私もこの歳になっても(^_^;A、あまりできていません。

【報告】 主に、上司からの指示や命令に対して、部下が業務や作業の経過や結果を知らせること。
【連絡】 職場の上下関係にかかわらず、簡単な業務・作業情報を関係者に知らせること。個人の意見や憶測を含まない方が好ましい。
【相談】 業務判断を行う際に自分のみで判断が困難な時、意見を聞いて欲しい時に、上司や先輩、同僚に参考意見を聞くこと。この場合、職場の上下関係はあまり関係しない。

 

言われる前に言う

 

上司や同僚から、「あれどうなった?」「あの仕事の進み具合は?」と言われる前に報告や連絡をする。
ここがまず大切なポイントです。

ある仕事を依頼された場合、割と最初の段階で、「今、こうなっていますがこの方向で進めていいですか」と報告・相談しておくのがいいです。

8割ぐらいできた段階で、報告すると、「ナンダコレハ!!頼んでいたものと全然違う!!やり直せー」などとなってしまうと修正にかける手間や時間が大変なものとなり、期限に間に合わなくなることになりかねません。

2割ぐらいの段階で報告・相談。
6割ぐらいの段階で報告・相談。
8割ぐらいの段階で報告・相談。
結果報告。

などという感じがいいでしょうね。

 

長い報告よりも、短く簡潔な報告を回数多くする

 

もう一つ大事な点は、「短く」「簡潔に」するということ。
1回に時間をかけるより、短い時間でテンポよく、そして、何回も報連相をする方がうまくいくんだそうですよ。

著者の野田さんは、会社勤めの時に先輩によく言われたそうです。

「エレベーターや階段の短い時間で説明できなければ、言いたいことを要約できていないのと同じ。その短さで簡潔に説明できるようによく考えろ」と。

上司は忙しい…。もちろん、その忙しさのせいで部下のせいで部下の話を聞き流したり、聞いてもイライラしているそぶりを見せてしまう上司はそもそも失格だとは思いますが。
上司に大切なのは
・報告や相談があればいつでも聞くよ、という姿勢でいる
・信頼して任せる←任せるのは放っておくことではなく、信じ切ること。
・失敗したら良い経験。どこがダメだったのか、一緒に考えて方向性を出す。

ことです。

また、野田さんは

・結論からいう
・5W1Hで話す。(誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように)
・意見と事実を区別して話す。

ことを意識していたそうです。

書類の作成の時や、普段の会話でも簡潔に話したり書いたりするよう意識したいですね。

本書ではこの他にも、段取りの考え方や方法について、優しく説明されていてとてもわかりやすい本です。

各項目の最後に、その項目について、

◯良い段取り
△惜しい段取り
✖️悪い段取り

が整理されていているので頭に残りやすかったです。
オススメの一冊です。

 

 

Amazon内容紹介より

 

◎仕事で大切な「段取り」を、様々な視点で解説!
「段取り」を、時間管理、チーム運営、資料・名刺の整理、思考の整理、アイデア出し、報連相など、様々な視点で解説します。
また、段取りの「仕組み化」についても紹介します。

◎多くの立場、職種で実践してきた「段取り」の方法を紹介!
著者は、理系・文系、大企業・中小企業・起業家と様々な立場で、「段取り」を実践してきました。
その体験と工夫を、本書では紹介しています。

◎「段取り」が8割という言葉があるように、段取りは仕事の基礎中の基礎!
本書では、若手社員が早くに覚えておくべき、また、中堅社員が改めて覚えておきたい仕事の基礎知識をやさしく解説します。
若手社員の上司もぜひご一読いただきたい1冊です。

★いまどきの段取りとは、他人の効率を高められる段取り★
→ 自分の効率もみるみるアップ!
→ 人にも好かれて、期待値も急上昇! !

 

目次

 

プロローグ──私の体験から段取りを考えてみた
1章 できる人は、こんな「段取り」をしている!
2章 「スピードアップ」は絶妙な段取りから──時間管理・進捗管理・目標管理
3章 「プロジェクト」は段取りでゼロから変わる──チーム運営・打ち合わせ・会議・プレゼン
4章 「整理術」も結局は段取り次第──資料・記憶・名刺・思考の整理
5章 「アイデア発想」は段取りで劇的にアップ──発想力、メモ術
6章 「報連相」の段取りでコミュニケーション力アップ──報告・連絡・相談・メール
7章 段取りの「仕組み化」にチャレンジしよう!

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link