iPhone 6 ケース, Spigen® [ スリム バンパー ] iPhone 6 ネオ・ハイブリッド EX を購入した。

 

 

iPhoneケースを久々に購入。
私はiPhoneのデザインが好きなので、本当は何も付けずに裸のままで持ちたい、という一つの願望があるわけですね。

でも、液晶画面が割れたり、傷がついたりするのはイヤなので、その願望は絶対に叶うことがないのです。あぁ、切ない…。

だから、保護ケースを選ぶ時は、保護しつつ、なるべくデザインを隠さない、というのが大切な条件になってくるわけです。
ここ大事だからメモするよーに〆(゚▽゚*) 。

この方程式から導き出される解は、必然的にクリアタイプのケース、という事になりますね。もうとにかく、透明感が大事。そして手にしっくりときて滑りにくいのがいい。

ハードタイプのものは傷が付きやすく、滑りやすいから、手にしっくりときて傷も付きにくいTPU素材がいいのだけれど、透明なものは黄ばみやすいという弱点がある。

そこでその弱点をある程度解決した日本製エストラマー素材のケースが、わがiPhoneケース道のベストなのです。今のところはだけど。

 

 

バンパータイプのケースは、背面が守れないのであまり手を出したことが無かったわけですね。
まあ、背面もクリアのケースを付けることができるバンパータイプのケースもあるけれど。

しかし、今回は、Spigen®さんのバンパータイプのケースが、Amazonのタイムセールで500という大特価で売られていたので、おぉーそれならばという事で購入してみました。

 

iPhone 6 ケース, Spigen® [ スリム バンパー ] iPhone 6 ネオ・ハイブリッド EX を購入した。

 

届いたので開封します。

本体、クリーナー、液晶保護シールに何と背面保護シールもついてました。
これは嬉しい。

底面。
イヤフォンジャック、Lightningケーブル、スピーカー部分と、しっかりあいてます。

右側面。
きちんと覆われていて、NEO HYBRID の文字が。

左側面。
マナースイッチ部分は開いていて、ボリュームボタンの部分は覆われています。

装着しました。

正面から。

底面。

右側面。

左側面。

背面。Appleマークが見えるの最高でしょ。

感想

バンパータイプのケースは、背面に傷が付くかもと敬遠してましたが、このケースには付属品として保護シールが付属していたので安心して装着できました。

手触りもいいし、持った感じもいい。

ただ一つだけマイナス点かなと思うのは、マナーボタンの開口部からボタンまでが深いので指が届きにくいという事。
特に私のように指が太い人は困りそうかなと思います。

いやぁしかしバンパータイプもいいもんですね。
これからケース選ぶ時、対象が広がりそうです。

Posted from するぷろ for iOS.

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link