さぁiPhoneも大掃除!! キレイにして年始を迎えましょう。

IMG_0007

いよいよ大晦日となりましたね。
お部屋などの大掃除はもう終わりましたか?

毎日持ち歩き一緒に行動を共にしているiPhoneも大掃除をして、新しい年を迎えたいものですね。

 

さぁiPhoneも大掃除!! キレイにして年始を迎えましょう。

 

用意するもの

 

乾いたクリーニングクロス、綿棒、つまようじ、エアダスターを用意しましょう。

 

IMG_0007

 

電源を切る

 

まず、掃除を始める前にiPhoneの電源を切りましょう。

 

IMG_0012

 

 

ケースなどをはずす

 

当然ですが、Lightningケーブルやイヤホン、ケースなどもすべて外しましょう。

 

IMG_0011

 

イヤホンジャック、スピーカー、Lightningコネクタの掃除

 

さて、まずはiPhoneの下部にあるイヤホンジャック、スピーカー、Lightningコネクタの掃除をしましょう。
ここは穴が空いている部分が多いので、ホコリがたまりやすい場所ですね。
まずは綿棒で大きな汚れを取り除きます。

 

IMG_0013

 

それでも穴の中の方まではなかなか取れないので、気をつけながらつまようじを穴の中に入れてホコリを取り除きましょう。

 

IMG_0014

 

最後にエアダスターで細かいホコリを飛ばしましょう。

 

IMG_0015

 

ホームボタンの掃除

 

iPhoneで一番押す回数が多いホームボタン。
それだけに、すき間にホコリが溜まると、ボタンの効きが悪くなるなどのトラブルにも。

綿棒でホームボタンを押しながら、本体との境目をなぞるようにして掃除しましょう。
ホームボタンを強く押しすぎないように注意してくださいね。

 

IMG_0017

 

通話口のメッシュ部分の掃除

 

目の細かい部分にはホコリが詰まりやすいもの。
表面上部にある電話を受ける時に音がでるイヤースピーカーの掃除ですが、汚れがひどければ固めの歯ブラシを使って優しく掃除しましょう。

汚れがひどくなければエアダスターでホコリを吹き飛ばすだけでOKです。

 

IMG_0016

 

背面の掃除

 

クリーニングクロスで背面やカメラレンズを拭きましょう。

 

IMG_0019

 

その他、液晶画面のコーティングなど

 

液晶画面ですが、何も貼っていない方、ガラスフィルムを貼っている方は、余裕があれば専用のコーティング剤を使ってキレイにすると同時に保護しましょう。

私は、「CRISTAL COAT PRO」(Micro Solution)を使っています。

 

IMG_0010

 

 

 

表面の指滑りがトゥルットルッ〜♪で指紋もつきにくくなりますよ。

 

その他、ケースのお掃除も忘れずに。
以上でお掃除は終わりです。
そんなに時間もかからないので、ぜひ皆さんもお持ちのiPhoneをピカピカにして新年をお迎えくださいね。

 

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link