LINEで友達をブロックする方法

今や、友人との連絡に欠かせないLINE。
LINEを安心、安全に使う上で、プライバシーやセキュリティー関連の機能はきちんと覚えておきたいものですね。

今回は、迷惑な人からしつこくコンタクトを受けたりしないために、「ブロック」機能を紹介します。

今さらながらですが、古い友人がようやくガラケーからスマホにしてLINEを始めたとのことなので(笑)。

「ブロック」、「非表示」、「削除」の違い。

LINEには、友人の「ブロック」、「非表示」、「削除」の3つがあります。

簡単に違いを説明します。

「非表示」

「非表示」は、自分のLINEの画面に表示しない機能です。
自分のLINEのトーク画面や、友達リストに、非表示にした相手の投稿が表示されないだけで、相手からLINEがくれば、もちろんわかります。

「ブロック」

「ブロック」は、完全に相手との連絡を取らなくする機能です。
トーク、通話、タイムラインの閲覧もできなくなります。

もちろん、ブロックした相手からLINEの連絡はできませんし、こちらからもできなくなります。

また、ブロックしたことは相手には伝わりません。

ブロックを解除すれば、元通り連絡できるようになります。

「削除」

「削除」は、「ブロック」より強力な機能です。

「ブロック」は、「ブロック」を解除すれば元通り連絡できるようになりますが、「削除」すれば、「友達リスト」から完全に消えてしまうため、2度とやり取りできなくなるからです。

と言っても、再びやり取りしようと思えば、「友達申請」して承認されればやり取りできますが。

この「削除」は、いきなりはできません。「ブロック」してから行うことができる機能です。

友達を「ブロック」する方法

「友達」を押して画面の左上の「編集」を押します。

ブロックしたい友達を選んでチェックを入れます。
複数の友達を1度に選択できますよ。

そして下に出ている「ブロック」を押します。

本当にブロックするか、確認の画面が出ますので、ブロックするなら「OK」を押します。

これで、このブロックした友達からの連絡は受け付けられなくなりました。

この友達は、ブロックリストに入り、このブロックリストから、この友達を「削除」することができるようになります。

Posted from するぷろ for iOS.

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link