【iPhone基本技】iPhoneを無くしてしまった時には…。

スクリーンショット_2015-11-01_15_08_38
 

 
iPhoneは、常に持ち歩く大切なアイテム。
また、連絡先やクレジットカードなど、大切な情報が詰まった個人情報のかたまりです。
無くしてしまったり盗難にあったら大変ですよね!!
どんだけ探しても見つからない!!
そんな時は、「iPhoneを探す」を試してみましょう。 
なお、iCloudを使いますので、事前に登録しておいてください。

設定方法はこちらから。


 

「iPhoneを探す」を使って自分のiPhoneの現在地を探す方法

 
まずは、iPhoneの設定をします。
 

「設定」→「iCloud」をタップ

 
IMG_3961
 

「iPhoneを探す」をタップし、オン(ボタンを緑色)にする。

 
IMG_3964
 

パソコンを利用して自分のiPhoneの現在地を探す

 
パソコンを利用して無くなったiPhoneを探してみましょう。
 

パソコンのwebブラウザで、「https://www.icloud.com」を表示する。

 
「Apple ID」と「パスワード」を入力してEnterキーを押します。
 
スクリーンショット_2015-11-01_15_03_20
 
パソコンで初めてiCloudにアクセスした時は、言語やタイムゾーンの設定画面が表示されますので、
・言語→日本語
・タイムゾーン→日本標準時
に設定します。
 

「iPhoneを探す」をクリック

 
スクリーンショット_2015-11-01_15_08_38
 

自分のiPhoneの現在地が表示された

 
iPhoneの電源が入っていて、電波が圏外となっていなければ、iPhoneの現在地が緑色の丸印で表示されます。
 
スクリーンショット_2015-11-01_15_09_08
 

「i」印をタップすると、遠隔操作用のメニューが表示されます。

 
スクリーンショット_2015-11-01_15_09_55
 
◯「サウンド再生」をクリックすると、探している iPhoneで音を鳴らすことができます。

◯「紛失モード」をクリックすると、パスコード設定画面になります。
紛失した iPhoneですでにパスコードを設定していた場合は、パスコードを入力。次に電話番号を入力します。電話番号は紛失した iPhoneに表示されますので、拾った方が連絡できる番号を入力します。「次へ」をクリックすると、メッセージ入力画面になります。メッセージは紛失した iPhoneに電話番号と一緒に表示されます。これで完了。

◯「iPhoneの消去」は、iPhoneのデータを遠隔ですべて消去するものです。
消去した場合、「iPhoneを探す」機能も利用できなくなるので注意が必要です。

 

できるポケット iPhone 6s 基本&活用ワザ 100 ドコモ完全対応
by カエレバ

できるポケット iPhone 6s 基本&活用ワザ 100 ソフトバンク完全対応
by カエレバ

できるポケット iPhone 6s 基本&活用ワザ100 au完全対応
by カエレバ

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link