個人情報を収集していた!! ―Appleが「App Store」から256のアプリを削除。

Homescreen
 

 
これはちょっと衝撃的なニュースでしたね。
9TO5Macによると、Appleが256個ものアプリをApp Storeから削除したというんですよ。
なんとこれらのアプリが、インストールされたiPhoneなどからユーザーの個人情報を勝手に取得していたからだそうで。
とんでもないことですよね!!

中国のモバイル広告プロバイダYoumiが提供するサードパーティーの広告用SDK(ソフトウェア開発キット)を使用し、ユーザーのデータを盗んでいた!!

 
発見したのは、ソフトウェア解析サービスを提供する企業 SourceDNAだそうで、App Store内にある大量のアプリがプライベートAPIを使って、ユーザーのメールアドレスや端末IDなどのデータを勝手に収集している事実を見つけたとのこと。

いずれのアプリにも中国の広告プロバイダー Youmi が提供する SDK(ソフトウェア開発キット)が使用されていて、そのSDK(ソフトウェア開発キット)が、アプリを使用しているユーザーのApple ID やメールアドレス、インストールしているアプリの一覧などを収集し、 Youmiのサーバへ転送していたそうです。

Youmi は中国の広告プロバイダーであること、SDK を使ったアプリもその大半が中国国内向けのものであることから、日本国内での被害はあまりないのかなぁと思いますが、やはり、中国製のアプリをiPhoneに入れるのは、今後控えていたほうがいいのかなぁと思います。

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link