【iPhone基本技】ゲームの課金を制限して使い過ぎを防止するための設定方法。

error
 

 
iPhoneにゲームアプリを入れて楽しんでいる方は多いと思います。
無料ゲームで遊んでいても、次のステージに進むため、あるいはアイテムを購入するためについつい課金してしまい、電話料金と一緒になった請求額を見て驚くなんてことも。

あるいはお子様にiPhoneを持たせると、アプリやゲームで課金してしまい、高額な請求が来るなんてこともありがちな話ですよね。

そこで、自分のために、あるいはお子様のために、iPhoneで課金できない設定にしておくのも必要かもしれません。
あらかじめこの設定にしておくと、ゲーム内で課金しようとしてもエラーが表示されて一切課金できなくなりますよ。
 

 

アプリで課金できないように設定する

 

「設定」→「一般」をタップ

 
IMG_3918
 

「機能制限」をタップし、「機能制限を設定」をタップ

 
IMG_3928
 

「パスコード」を入力。

 
機能制限用のパスコードを設定し、再度入力します。
 
IMG_3930
 

「App内課金」のボタンをオフ(白色)にする。

 
IMG_3927
 
これで、ゲームやアプリを起動して、課金の手続きをしようとしても「エラー」が表示されて課金できません。
 
error
 
 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link