【iPhone基本技】アプリのアップデートを自動で行うようにする。

IMG_3908 2
 

 
皆さんはiPhoneにいろんなアプリを入れて利用していると思います。
このアプリは、バグを修正したり、いろんな機能を付け加えたり改善したりするため、結構な頻度でアップデートされるため、その度に手動で更新するのは面倒です。

そんな時のためにあるのが「自動ダウンロード」機能。
これを利用すれば、「App Store」を起動するだけで、更新通知のあるアプリが自動でアップデートされます。
やってみましょう。
 

 

アプリの自動アップデート設定を行う

 

「設定」→「iTunes & App Store」をタップ

 
IMG_4058
 

自動ダウンロードを有効にする。

 
自動ダウンロードの設定を変更します。
アプリを自動でアップデートするには、「アップデート」を有効に(ボタンを緑色に)します。
 
IMG_4060
 

モバイルデータ通信でのダウンロード設定

 
「モバイルデータ通信」という項目があります。
このボタンをオン(緑色)にすると、Wi-Fiが繋がっていない時でも、モバイルデータ通信で接続している時に自動ダウンロードを行う設定となります。
 
IMG_4062
 
 

アプリをアップデートする。

 
ホーム画面にある「App Store」というアプリをタップして起動させ、画面右下の「アップデート」をタップすると、「利用可能なアップデート」があるアプリが表示されます。
 
IMG_3913
 
「App Store」を起動すると、更新のあるアプリが自動でアップデートされます。
 
IMG_3915
 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link