【iPhone基本技】AirDropを使って、写真やファイルを近くの人に送る。

IMG_0033
 

 
iPhoneには「AirDrop」というBluetooth、Wi-Fiを使って写真やファイル、動画などを送る機能があります。
この機能は、iPhoneやiPad、Macなどの「iOS」端末同士でしか使えませんが、メールに添付したりせずに、写真やファイルを一瞬で送ることができるので、とても便利な機能です。

ぜひ使ってみてくださいね。
 

 

「AirDrop」を使って写真や動画、ファイルなどを近くの人に送る

 
まずは、送る側と送られる(受信する)側の「AirDrop」を有効にしておきます。
「AirDrop」は、「コントロールセンター」にあります。
 

ホーム画面から「コントロールセンター」を呼び出す

 
ホーム画面の、下の方(ホームボタンの少し上辺り)から上に向かってスワイプすると、「コントロールセンター」が呼び出せます。

IMG_4037 2
 

「AirDrop」をタップ

 
IMG_4031
 

「すべての人」をタップ

 
IMG_4032
 

送りたい写真を選択し、「共有」ボタンをタップ

 
試しに、写真を送ってみます。
写真アプリから、送りたい写真を選択し、左下にある共有ボタンをタップします。
 IMG_4033
 

送信相手を選ぶ

 
近くでAirDropを有効にしている人が見つかるので選択しましょう。
 
IMG_4034
選択すると送信できます。

相手の端末には、即座に受信のメッセージが表示されます。
 
IMG_4036
 
以上で送信できました。
とても簡単ですよね。
ぜひ試してみてくださいね。
 
IMG_4026
&nbsp

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link