【iPhone基本技】バックグラウンドで動いているアプリを終了させる。

IMG_3888
 

 
iPhoneを使って、毎日たくさんのアプリを使用していろんなことをされていると思います。
iPhoneのアプリって、ホームボタンを押すとホーム画面に戻って、アプリは一応閉じられたように見えます。
しかし、実は、バックグラウンドで直前の動作を続けていたり、次に起動するときにすぐに立ち上がれるよう待機していたりするんです。

そのため、アプリをたくさん起動させていると、iPhoneの本体メモリを消費してしまい、動作が不安定になることも。
今回は、バックグラウンドで動いている使い終わったアプリを終了させる方法です。
 

 

バックグラウンドで動いているアプリを終了させる。

 

ホームボタンを2回押すとマルチタスク画面が表示される。

 
ホームボタンを続けて2回押します。
 
IMG_3890
 
マルチタスク画面が立ち上がり、バックグラウンドで動いているアプリが表示されます。
 
IMG_4008 2
 

左右にスライドして終了させたいアプリを選択し、アプリの画像を上にスライドさせる。

 
IMG_3891
 
IMG_3888
 
たくさんのアプリを1度にまとめて終了させるには、下のように3つのアプリまでは、複数の指を使って画像を押さえ、一度に上にスライドさせて終了できます。
 
IMG_3893
 

3D Touchでマルチタスク画面を表示できます。

 
iPhone6sシリーズから採用された「3D Touch」でマルチタスク画面が呼出せますよ。
ホーム画面の左端を強めに押し込みます。
 
IMG_3889
 
そして右方向に指をスライドさせると、マルチタスク画面が表示されます。
あとは、上で紹介したのと同じ方法でアプリを終了させます。

iPhone6sシリーズから、本体メモリがそれまでの2倍になったとはいえ、毎日たくさんのアプリを起動させている方は、定期的にマルチタスク画面を開いて、使い終わったアプリを終了させましょう。
 

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link