【iPhone基本技】iPhone6s/6sPlus 各部の名称と役割。

IMG_0025

 

 

こんばんは。
いやぁ、連休明けて職場の同僚が、iPhone6sPlus、しかもローズゴールドにしてて、とっても羨ましいワタシです。
今日職場で見せてもらいました。
どーん!!

IMG_3870

持っているのは同僚本人なんですけど、なんか「どーだっ」ていう自信が手に溢れている感じで、羨ましいw。

私のiPhone6sシルバーとiPhone6ゴールドと並べてみました。

IMG_0025

やっぱり大きいですね。

さて、その彼、あっ、オトコなんですよ。
今までの機種はアンドロイドで、初めてのiPhone。
その彼がね、「iPhoneって何か使えないダミーのボタンがありますよねー。」って言うんです。

よくよく聞いてみると「サウンドオン・オフスイッチ」のことで、上から押してみたら何事も起こらないので、ダミーかと思ったらしい。
押してダメなら…じゃないけど、スライドさせるって発想はなかったのかなぁ。

というわけで、今回は、iPhone6s/6sPlusの各部の役割についてご紹介。

 

 

正面

スクリーンショット_2015-10-13_20_32_57

A-Face Timeカメラ
写真の自撮りやビデオ通話用の前面カメラ。500万画素。

B-スピーカー
通話時に利用するスピーカー。

左側面

iphone-6s-rose-gold-reft_1

C-サウンドオン/オフ
サウンドをオン・オフできるスイッチ。決してダミーではない。
オレンジ色が見える状態に切り替えると、サイレント(マナー)モードになる。

D-音量調節ボタン
着信音や通知音の音量調節に使う。

右側面

iphone-6s-rose-gold-right_1

E-SIMスロット
SIMカードを収納する場所。付属のピンを使って抜き挿しできる。サイズはnano SIM。

F-スリープ/電源ボタン
画面をオフにして待機状態にしたり解除したりできる。
また、長押しをすると、電源のオン・オフになる。

底面

iphone-6s-rose-gold-bottom_1

G-イヤホン端子
3.5ミリのステレオミニプラグ端子。付属のイヤホンなどを接続できる。

H-マイク
底面のマイクは、通話中に自分の音声を拾う。

I-Lightningコネクター
充電やデータの転送に使うLightningケーブルや周辺機器を接続するための端子。

J-スピーカー
スピーカーホン時やイヤホンを接続していない時に音声を再生する。

背面

iphone-6s-rose-gold-camera_1

K-LEDフラッシュ
撮影時だけでなく、電話やメールの着信時にも発光させることができる。

L-マイク
背面マイクは、動画の撮影時などに使用する。

M-iSightカメラ
1200万画素のメインカメラ。

以上、本日はiPhoneの各部の名称と役割を簡単にご紹介しました。

 

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link