「iPhone 6s」の「A9」プロセッサ、私のはTSMC製でしたけど…

iphone-6s-battery-replacement-hero
【画像:9TO5Mac

 

 

 

「iPhone 6s/6s Plus」の頭脳である「A9」プロセッサ。
これが実はサムスン製とTSMC製という2種類あって、メーカーによってサイズが異なるというニュースが流れ、まぁ、そんなこともあるのかなぁぐらいに思っていたワタシです。

iphone6s-a9 [画像:Chipworks]

バッテリーの持ちが、製造元(サムスン製かTSMC製)によって違うことが判明!!

 

ところが、何と、サムスン製かTSMC製によって、バッテリーの持ちが違うっていうニュースが流れた時には、さすがに

「ん?マジで!?」
「そんなん、えーの!?」
ってなりましたよ、はい。
例えばこちらの記事。

TSMC製の方が連続駆動時間が長いんだって。
同じ条件で試してみて、2時間違うっていうのは如何なものでしょうねぇ。

そこで、自分の「iPhone6s」のA9チップが、一体どちら製なのか気になって調べてみることに。

「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサ、サムスン製かTSMC製かを簡単に調べる方法

 

確認する方法は何種類かあるようですが、一番簡単なのは、AppStoreにあるシステムの情報が見えるアプリ「Lirum Device Info Lite – System Monitor」をインストールする方法のようなので、試してみました。

Lirum Device Info Lite – System Monitor
カテゴリ: ユーティリティ, 辞書/辞典/その他

IMG_3907

インストールしたら起動するとプロセッサーのモデル名が確認できます。

IMG_3908_2

画像の一番下、赤の枠で囲んでいる部分、つまり「Model」というところに書いてある型番で、サムスン製かTSMC製かが判断できるとのこと。

  HSMC製 サムスン製
iPhone6s N71MAP N71AP
iPhone6sPlus N66MAP N66AP

 

私のiPhone6sの型番は「N71mAP」となっているのでTSMC製ってことですね。
MacRumors によると、サンプル数2,500の内訳は、以下の通りだとのこと。

a9chipsamsungtsmcsplit

「iPhone6s」ではTSMC製が約8割と圧倒的に多いようですが、「iPhone6sPlus」でサムスンの方が約6割とやや多いという割合。

Apple、「A9」チップについての性能差を正式に認める!!

 

Appleもこのメーカーによる性能差を正式に認めたと9to5Macが伝えています。

Ars Technicaが問い合わせ、それに対してAppleが正式な回答を行ったとのこと。

【Appleの回答】

With the Apple-designed A9 chip in your iPhone 6s or iPhone 6s Plus, you are getting the most advanced smartphone chip in the world. Every chip we ship meets Apple’s highest standards for providing incredible performance and deliver great battery life, regardless of iPhone 6s capacity, color, or model.

Certain manufactured lab tests which run the processors with a continuous heavy workload until the battery depletes are not representative of real-world usage, since they spend an unrealistic amount of time at the highest CPU performance state. It’s a misleading way to measure real-world battery life. Our testing and customer data show the actual battery life of the iPhone 6s and iPhone 6s Plus, even taking into account variable component differences, vary within just 2-3% of each other.

この回答によると、

・「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」に搭載されている「A9」チップは世界で最も先進的なチップであり、容量やカラー、モデルに関わりなく、最高のパフォーマンスと素晴らしい電池持ちを提供するAppleの最高基準を満たしている。

・バッテリーが切れるまで高い負荷を掛け続け、バッテリー性能を測定するという方法は、実世界におけるバッテリーの使い方を反映していない。

・私たちのテストによると、その差は2〜3%以内だ。

とのこと。

うーーーーむ。
結局のところ、Appleとしては、バッテリーの性能がメーカーによって差があることは認めたんだけど、その差はAppleの基準を満たしていて問題はないんだということですね。
2〜3%かぁ。

まぁ確かに、例えば新車を買って当たり外れがあるとか言いますけれども…。
ハードな使い方をしなければそんなには違いはないのかもしれないけど、同じお金を出して同じ製品を買ったのに、違いがあるって、あんまり気持ちのいいものではないですなぁ。

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link