【レビュー】「iPhone 6s」を1週間使ってみた感想5つ。

iPhone6s-back

 

 

 

こんにちは。
もともとは買うつもりがなかったiPhone6sでしたが、結局物欲に負けて購入してしまい、発売日の翌日に手にしたわけですが、あれからはや1週間も経ちましたので、使ってみた感想を簡単にお伝えしましょう。

1.とにかく「Touch ID」が爆速で驚く!!

 

まず驚いて2メートルぐらい飛び上がったのが「Touch ID」の認証スピード。
その速いこと速いこと。速すぎて、ロック画面があまり見えないぐらいですね。
iPhone6と6sの違いを動画にしましたのでとにかくご覧ください。
左がiPhone6で右が6sです。

1回目は少しフライング気味に6sを早く押してしまいました。逆に2回目のは6を少し早く押してしまった感じですが、それでも圧倒的に6sの方が速く認証されているのがわかります。
いやはやもう感動的に速い。

2.これは便利!!キーボードがトラックパッドになる

 

これは便利でもうiPone6sから戻れなくなって二度と離れたくなくなってしまい、愛おしくて5度ぐらい頬ずりしたくなるのが、「カーソル移動モード」ってやつです。
文字の入力中に、キーボードを強く押し込むと、キーボードの刻印が消えて、トラックパッドのように使うことができるんですね。めちゃ便利ですわ。

IMG_0011 IMG_0012

3.「3D Touch ディスプレイ」は…まだ使いこなせない

 

IMG_3869

「iPhone6s」「iPhone6sPlus」の注目機能といえばはやはり「3DTouchディスプレイ」ですよね。
アプリのアイコンを強く押し込むことでクイックアクションメニューが表示されます。
今までと比べると、少しの手順で自分がやりたいことにたどり着くわけですから便利なことは間違いないのですが、まだまだ慣れません。
これから対応するアプリがどんどん増えてくるとまた違うと思います。
例えば、Lineでトーク画面を開かないでも中身が見れたりするようになると、便利ですよね。
既読スルーが増えそうですけど。

4.Live Photosは新たな楽しみを増やしてくれそう

 

IMG_0009
iPhoneシリーズのカメラって、スローモーション撮影、パノラマ撮影やタイムラプス撮影など、いろんな機能があって楽しいんですけど、今回搭載された「Live Photos」はあたらな楽しみとなりそうです。
シャッターを押した前後1.5秒ずつの画像と音声を同時に保存してくれて、その保存した画像の画面を強く押し込むと動画のように3秒間動き出すんですから。
自分がその時その時に撮った瞬間がまさに蘇ってくるというのは、思い出を生きた形で保存してくれる新しい機能だと思います。

5.メモリが倍の2GBになって、とにかく動きがサクサクに

 

IMG_0010
やはりこれを挙げないわけにはいきません。
iPhone6s/6sPlusは、それまで1GBだったRAMが2GBと倍になりました!!
いやはやもう全然違います。
特にSafariを使ってネットブラウジングをしている時がその違いがはっきりしますね。
あと、複数のアプリを同時に開いていて元のアプリに戻っても問題なく表示されるし。
iPhoneをガシガシ使う人にとっては、この2GBはとてもありがたいですよね。

「Geekbench 3」で、自分の
・iPhone5s
・iPhone6
・iPhone6s
・iPadAir2

の処理性能を計測してみました。

Geekbench 3
カテゴリ: ユーティリティ

▼iPhone5s

iPhone5s

▼iPhone6

iPhone6

▼iPhone6s

iPhone6s

▼iPadAir2

iPadAir2

シングルコアのスコアは、iPhone6sは、5sと6の1.8倍、マルチコアのスコアは、iPhone6sは、5sと6の1.5倍になっています。
驚いたのは、iPadAir2よりシングルコアのスコアが上回り、マルチも迫っていること!!
快適なはずですよね。
Appleよありがとうーーーー。

▼こちらの記事で、「iPhone 6 Plus」と「iPhone 6s Plus」のSafariを比較した動画が掲載されていましたのでご参考までにどうぞ。

まとめ

 

とりあえず使い初めて1週間の簡単な感想を書いてみました。
iPhone6s/6sPlusは、見た目は旧モデルである「iPhone6/6Plus」とほとんど全く変わりません。
しかし、いざ触って使い始めてみると、その中身は全く進化したiPhoneであることに驚きます。

スクリーンショット 2015-10-03 16.20.14

まさにAppleの言う「唯一変わったのは、その全て」というキャッチフレーズの意味が分かる気がしました。
iPhone6シリーズは歴史上最も売れたスマートフォンだそうですが、このiPhone6sは、「s」を冠した製品がただのマイナーチェンジ版ではないことを事実で示すとてつもない技術と性能をその内に秘めた一台だと言えるのではないでしょうか。

まだまだ使いこなせていない感じですが、これからガシガシ使っていこうと思います。

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link