明かされた真実…ついに完結!! 映画「アンフェア the end」を観てきた。

IMG_3654

 

 

 

とかく世の中にはアンフェアなことが多いものですよね…。
やりきれない気分になること、よくありませんか?
というわけ…でもないんですが、映画「アンフェアthe end」を観てきました。

2006年の連続ドラマから9年。残された謎がついに解決!!

 

「アンフェア」は、2006年1月期に連続ドラマとしてスタート。
2007年3月には、劇場版「アンフェア the movie」が公開。2011年9月には「アンフェアthe answer」が公開されました。
そしてあれから4年。残された謎を解決すべく、雪平夏見がスクリーンに帰ってきました。「アンフェア the end」は、9月5日から公開されています。

前作までのあらすじと本作のあらすじは?

 

前作までのあらすじ

刑事だった父が殺された事件の犯人を見つけるため、通っていた短大をやめ、警視庁捜査一課の刑事になった雪平夏見。父の死の真相を探る雪平は、事件の背景に警察組織の“闇”があることをつかみ、父が警察内のクーデター計画を画策していたことを知る。それは、長い年月を経て、警察病院占拠事件(「the movie」)、ネイルガン連続殺人事件(「the answer」)へとつながり、元夫・佐藤和夫の命と引き換えに、国家の中枢で権力を濫用する組織から機密データを手に入れる。そこには、決して開けてはいけない真っ黒な深い闇が詰まっていた――。

本作のあらすじ

ネイルガン殺人事件から、4年――。元夫の命と引き換えに、国家を裏で操る秘密組織の機密データを手に入れた雪平夏見は、反撃に移る一番効果的な方法を探していた。

 そんな中、転落死体が発見され、現場で雪平は、一枚の栞(しおり)を見つける。そこには、「アンフェアなのは誰か?」の文字が……。それは10年前の「推理小説事件」から始まる一連の事件で使用されたものと同一の栞。さらには、その犯人たちを結びつけていた「×サイト」も復活していることが判明する。

 しかも、転落死体は前作の黒幕・村上克明検事だったことが判明。続けざまに、元検事総長であった村上の父親も殺された……。雪平を巻き込む新たな事件の勃発。そして、ほどなく見知らぬ協力者が雪平の前に現れる。雪平はこの危機を乗り越え、父が目指した警察の浄化を成し遂げることが出来るのか?

 復活した×サイトの最後の一文には、こう書かれていた。

 「雪平の復讐が始まる」

ねとらぼより引用

アンフェアthe end
(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

明かされた真実。哀しすぎる結末…まさに「アンフェア」

 

いやはや、裏切につぐ裏切りでドキドキハラハラでした。
手に汗握るとはまさにこのことでしょう。
いろいろ書いちゃうとネタバレになりますので控えますが、
・雪平の父親殺しの犯人→明らかになりました。
・手に入れた機密データ→然るべき方法で白日の下にさらされました!

アンフェアthe end 2
(C)2015 関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジャパン・ミュージックエンターテインメント/東宝/共同テレビジョン

なので、スッキリしましたよ。尾を引くような終わり方ではなかったので、これで本当に「The End」なのでしょうね。

みなさんも、ぜひ劇場に足をお運びください。

IMG_3651

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link