気をつけて!!Apple Watchの詐欺サイト出現中!!

ネット詐欺

こんばんは。

今日は詐欺についてのお話。

世の中で流行っていたり人気があったりするものによく登場するのがニセモノ。 本物がなかなか手に入らないものであったりしたら、余計に早く欲しくなって、なんとか手に入れたいと思うのが人情というもの…。

それを利用して、ニセモノを作って売るというのは昔からありましたなぁ。

お隣の国のニセモノは、ツッコミどころ満載の品質

今はやりのApple Watchについても例外ではありません。

お隣の国では、AppleWatchのニセモノが大量に売られており、それを手に入れて試してみると、それはそれはひどい質のものだったと、以前の記事で紹介しました。

【動画】AppleWatchのニセモノはやっぱりヒドかった… | 本とメガネと愛Phoneと


ニセモノ作りを肯定するわけではありませんが、これはまだ「商品」が手に入る部類の詐欺ですなぁ。

Apple Watchの偽販売サイトが登場

本日、ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社が、「インターネット詐欺リポート(2015年4月度)」を発表しましたね。 その中で最も気になるのが、Apple Watchの偽販売サイトが登場したという内容。

腕時計型ウエアラブルデバイスの偽販売サイトが登場

2015年4月度は、4月下旬に発売された腕時計型ウエアラブルデバイスの偽販売サイトが登場しました。

「Apple Watch」とは明記していませんが、4月下旬に発売された腕時計型ウエアラブルデバイスはApple Watchしかありませんから、当然Apple Watchを販売する詐欺サイトと見て間違い無いでしょうね。

3〜4割引の販売価格で消費者を誘導

そのサイトでは通常価格の3~4割引という価格で販売することをうたっているというのがミソ。

「おっ!!ちょっと見てみようかな」と消費者を自然に誘導するのがネライでしょう。

商品届かない、クレジット情報を盗まれる危険性が…

このようなサイトを利用すると

・代金を振り込んでも商品が送られてこない

・犯罪者がクレジットカードなどの個人情報を盗用し、通販サイトで高額商品を購入して現金化する

などの被害に巻き込まれる危険性があるとレポートでは警告しています。

ほぼ、それがネライの詐欺サイトでしょうね。

iOSではワンクリック・不当請求詐欺サイトの検出数が圧倒的

同レポートでは、「OSごとのネット詐欺種類検知率」も公表されていますが、iOSではワンクリック・不当請求詐欺サイトが圧倒的。これはAndroidでも同じ傾向となっています。

d8525-23-371671-1

こうした悪質な詐欺は絶対に許せません!

「違法サイトを見つけた」、「被害にあった」など、それぞれ通報先や相談窓口を見つけるのは中々大変ですよね。
リンクを貼っておきますので、適切な相談先を・通報先を見つけて対処してください。

▶︎ネット詐欺の通報先はこちらです。

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

▶︎ネットフィッシングの事例情報提供先はこちらです。

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | 報告

▶︎ネット上の違法情報や有害情報の通報先はこちらです。

インターネット・ホットラインセンター[HOME]

▶︎ネットトラブルの相談先を探すには。

IHJ:【相談窓口をお探しの方をお探しの方】

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link