Apple、iPhone3Gや旧型Mac等の修理サポート、6月9日に終了か?【内部文書リーク】

no-repair-for-you-obsolete-iphone-mac

おはようございます。

さて、9T05Macによりますと、近日中に「サポート終了」を迎えるiPhoneやMac製品の一覧リストに関する内部文書の存在が明らかになったとのこと。

A bunch of iPhones and Macs are about to become ‘obsolete’ in June, losing Apple repair support | 9to5Mac
no-repair-for-you-obsolete-iphone-mac

 

ビンテージ製品とオブソリート製品とは

 

Appleでは、修理サービス等に関して「ビンテージ製品」と「オブソリート製品」という分け方をしています。

「ビンテージ製品とは、製造中止から 5 年以上 7 年未満の製品です。Apple では、以下の例外を除き、ビンテージ製品に対するハードウェアサービスを終了しています(以下略)」

 

「オブソリート製品とは、製造中止から 7 年以上が経過した製品です。Apple では、例外なく、オブソリート製品に対するハードウェアサービスを終了しています。サービスプロバイダでも、オブソリート製品の部品は発注いただけません。」

つまり、簡単に言うとしたら、「ビンテージ製品」がサポートの一部打ち切りで、「オブソリート製品」がサポートの完全打ち切り製品と言えるでしょう。

ビンテージ製品とオブソリート製品 – Apple サポート

今回の内部文書で示された「オブソリート製品」(サポート完全打ち切り)の対象

iPhone

・iPhone 3G

・iPhone 3GS

Mac

・ MacBook Pro(15インチモデル 2.2/2.4GHz)

・MacBook Pro(17インチ 2.4GHz)

・iMac(20インチモデル Mid-2007)

・iMac(24インチモデル Mid-2007)

その他

・AirMac Express Base Station

・XServe(Late 2006)

・XServe RAID(SFP Late 2004)

 

今回の措置は6月9日より適用?

なお、9TO5Macによりますと、この措置は6月9日より適用されるとのこと。

これが本当だとすると、それ以降は日本でも、アップルストアや認定業者等からサポートを受けられなくなってしまいますね。

このリストに上がっている製品をお持ちの方で、修理を希望される方は、6月9日までに修理をしたほうがよいと思います。

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link