新型MacBook Pro 15インチ、「WWDC 2015」で発表か?

gallery1_2256

こんにちは。

アメリカのApple Onlineストアで「MacBook Pro 15-inch Retinaモデル」のカスタマイズモデルを注文した場合、発注したユーザに対し出荷が6月9日〜15日頃まで遅れるという通達がされていることがわかったそうです。

この情報を伝えたのは、MacRumors、2015年5月15日付。

June Delivery Date for Backordered 15-Inch Retina Macbook Pro Sparks Refresh Speculation – Mac Rumors

 

 

Apple製品販売店の米B&Hでは「MacBook Pro 15インチ」のCTOモデルの販売終了を案内

 

また、アメリカでApple製品を取り扱っている「B&H」では、MacBookPro15インチのCTOモデルの販売終了を発表していることもわかりました。

macBookPro2014

 

「WWDC 2015」(6月8日開催)で「MacBook Pro 15インチ」の新型が発表か?

 

このように、現行モデルの流通状況に変化が見られている模様です。

Appleの場合、オンラインストアで出荷が大幅に遅れる表示がされる場合には、近く新製品が発表される可能性がある場合が多いですよね。

今回「MacBook Pro 15-inch Retinaモデル」のカスタマイズモデルが6月9日〜15日頃まで遅れるという情報は、Appleの年次開発者会議「WWDC 2015」の開催期間(6月8日より開催)と完全に重なっています。
このことから、「WWDC 2015」で「MacBook Pro 15インチ」の新型が発表されるのではないかと考えてほぼ間違いないのではないかと思います。
在庫調整が始まっているということなのでしょうね。

当然、15-inchにも感圧タッチトラックパッドを搭載するでしょうし、その他にどんなアップグレードを行ってくるのか?

いやはや、また楽しみが一つ増えそうです。

 

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link