Apple、進化型「Touch ID」センサーに関する特許を申請

IMG_3074

 

こんばんは(^O^)!

今日は「iPhone Mania」さんの記事から。

iPhone5sから導入されている「Touch ID」。 Appleが「Touch ID」に関する新たな特許申請書を提出したことが分かったとのこと。

伝えたのは、アメリカのブログサイト(ニュースサイト)TechCrunch(テッククランチ)。

指紋センサーで指の動きを検出し、ナビゲーションに利用

 

現在、iPhone6やiPadに採用されている「Touch ID」は、ユーザーの指紋を認証してロックを解除したり、アプリの購入に許可を与えるなど、その役割は部分的・限定的なものとなっています。

IMG_3075

しかし、今回の特許申請書では、指紋センサーで指の動きを検出し、ナビゲーションに利用するシステムについて詳細に展開するなど、「Touch ID」のさらに高度な応用を想定しているようです。

ディスプレイのロックや表示方向の変更など特許の応用範囲を広く例示

 

Appleは、ディスプレイのロックや表示方向の変更など、特許の応用範囲を相当広く例示しているとのこと。

また、現在のiPhoneやiPadで行っているマルチタッチ・ジェスチャーによってマルチタスク・アプリ間を切り替えるという操作についても、Touch IDによる指の動きの検出で代替させることができるとしています。

iPhoneのホームボタンの上で指を滑らすと、センサーがその動きを検出して文書のページがめくれたり、画面をスクロールすることができたりするようになるーこうしたことも十分考えられますね。

Macなどのデバイスに指紋センサーを外付けすることも提案

 

上に述べたようなTouch IDによる新しい操作は、iPhoneやiPadだけでなく、Macなどのデバイスに指紋センサーを外付けすることによって同じような操作ができるようになるということも提案されているようです。

MacBookに搭載した感圧タッチトラックパッドは、私たちに新たな操作体験をもたらしましたが、今回申請された進化型ともいえる「Touch ID」は、また一歩進んだ操作体験を私たちにもたらしてくれそうですね。

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link