iPhoneで標準アプリをホーム画面から消す方法【iPhone小技】

iphone-6

 こんにちは(*^▽^*)ノ。

休日なんてものは、何気なくボーッと過ごしていたらあっという間に時間が過ぎてしまうものですなぁ…。 もうこんな時間(汗)。

さて、iPhoneには標準で様々なアプリがインストールされていますよね。 便利で毎日使っているものもあるし、人によっては全く使わないものもあるでしょう。

こうした使わない標準アプリは、いらないから削除しようと思っても、アイコンの長押しで削除ができません。

でも、どーしても消したいというアナタ、 少し設定を変えてあげると、ホーム画面から消すことができるんですよ。

では、やってみましょう。

iPhoneで標準アプリをホーム画面から消す方法

1.設定をタップ。

IMG_3044_1

2.「一般」をタップ。

1

 

3.「機能制限」をタップ。

2

 

4.「機能制限パスコード」を入力。

3

 

5.「機能制限を設定」をタップ。

4

6.「機能制限用パスコード」を入力。

5

 

7.「機能制限用パスコード」を再入力。

6

 

8.ホーム画面から消したい標準アプリの右のボタンをタップして白くします。

今回は、「Safari」と「Face Time」を非表示にしてみます。

7

 

これで設定はOKです。

ホーム画面に戻ってみると……

9 8

左が最初のホーム画面、右が「Safari」と「Face Time」を非表示にしたホーム画面。

ちゃんと消えてますね!

iPhoneで標準アプリをホーム画面から消したいと思っている方は、ぜひやってみて下さい。

今週はこんな記事が読まれています。

DELL

SIMフリーを選ぶならDMM mobileがおトク

Sponsored Link